VIO脱毛するときって、どんな体勢でやるの?

投稿日:

VIO脱毛ってデリケートな部分。「丸見えのまま、隠すさずに施術するの?」「どんな体勢で脱毛するの?」考えれば考えるほど脱毛するのをためらってしまいますよね。

でも実際にやってみたらすぐに慣れて恥ずかしさなんてなくなります。(1回目はやっぱり恥ずかしいですけど)

最近では脱毛サロンに通うほとんどの方がVIO脱毛を選択しています。その理由は生理中のムレやかゆみも軽減などの衛生的な面を気にしていたり、将来の自分が介護を受けるときに備えて始めたという方もいらっしゃいます。

VIOはやっておいて損のないパーツといえそうですね。

服装は?

VIOパーツの脱毛をする時の服装はサロンやクリニックなどによって異なります。ミュゼでは紙ショーツを支給してくれますし、バスタオルを使用するサロンもあります。中には何も着用せず施術を行うところもあります。これにはきちんとした理由があります。実際のスタッフの話では、紙パンツを履いていると照射漏れなどのリスクがあるからなんだって。何も履いてなければ脱毛機のヘッドを正確にスライドさせやすいのに対し、紙ショーツなどを履いているとずらしながらの作業になるので、きちんと照射できない部分ができてしまう確率がどうしても上がってしまいます。

施術中の体勢は?

Vラインの施術は仰向けに寝て少しだけ足を開いた体勢で光を照射していきます。紙ショーツやガウンを利用するサロンではそれらを少しずつ移動させながら脱毛するので恥ずかしさまったくありません。ちょっとくすぐったい感じです。

Iラインとは女性器周辺の部分を指し、VIOの中でも特にセンシティブな箇所になり粘膜のギリギリまで光を照射する場合は最も痛みを感じやすくなります。クリニックのレーザー脱毛だとギブアップしたくなる激痛なんだとか。気になる施術中の体勢は仰向けになった状態で片足ずつヒザを立てて「くの字」に倒します。片足だけ開く形なので思ったほど恥ずかしくありません。

Oラインは、お尻の穴の周辺です。日本人は黒ずみやすい体質なので気になる方も多いはず。ちょっと恥ずかしいです、はい。Oラインの施術中の体勢は「うつ伏せ」が基本です。Oラインは「紙ショーツを少しづつずらして・・」なんて悠長なことは言ってられません。お尻の穴の周りは、お尻のお肉を広げながら、脱毛機のヘッドを当てて、さらにスライドさせなければいけないので大変なんです。

VIO脱毛の疑問

事前の自己処理ってどうするの?

VIOすべてツルツルにするハイジニーナも部分的に残すデザインの場合も1回目から3回目までは全部剃ります。デザインするのに全部剃るのは、残す部分も照射することで全体的に毛が柔らかく薄くなりナチュラルな見た目に仕上がるからです。

VIOの事前処理は電気シェーバーがおすすめです。IOラインは自分では見えないためカミソリで直に剃ると皮膚を傷つける可能性があるためです。もしカミソリで傷がついてしまったら、もちろんその部分は照射を行えません。つまり、まばらにムダ毛が残ってしまうことになりかねないのです。

 

VIO脱毛は美意識高めの女性にとって常識。デリケートゾーンが綺麗に整っているだけで、女性としての自信にもつながります。きっと脱毛して良かったと思えるはずですよ。

-脱毛知識

Copyright© 全身脱毛の値段が安いのはどこ? , 2020 All Rights Reserved.

\まとめて比べてわかりやすい/