40代・50代の女性が駆け込む「介護脱毛」とは?

投稿日:

介護脱毛という言葉を知ってますか?

あまりピンと来ないかもしれませんね。そもそも20代と40代では脱毛する目的が違います。

20代の方が脱毛する理由は

  • 彼氏のために脱毛する
  • お気に入りのビキニや下着を可愛く着こなしたい
  • 毎日のお手入れから解放されたい
  • 出産のとき、恥ずかしくないように脱毛したい

きっとこんな感じだと思います。キレイになって最高の20代を楽しみたいですよね。

でも介護脱毛は別の理由で選ばれているのです。

 

介護脱毛とは?

ここ5年でひそかなブームとなっている介護脱毛。40代50代の女性が将来のために医療脱毛を行なうことを言います。他人の介助を必要とする状態になった時、全身ムダ毛だらけでは何かと問題だと考えているのです。

あなたがまだ20代や30代の場合、将来訪れる介護のシーンをイメージできないかもしれませんが、40代50代になって実際に両親の介護をする立場になってみて始めて脱毛の重要性を実感したという方も多いのです。

「介護してもらうことになるお嫁さんや若い介護士の方に、不快な思いをさせたくない・・」

「自分でムダ毛のお手入れができなくなると恥ずかしいカラダになってしまう・・」

私たちが想像している以上に切実な悩みを感じているのです。

 

介護脱毛のメリット

全身脱毛ではなくても最低限アンダーヘアと脇の脱毛は完了させたいと願う方が多いのだそう。

「VIO(デリケートゾーン)脱毛」

介護が必要な状態では自分で排泄の処理を行うことができません。排泄した汚物を他人にふき取ってもわらなければいけないのですが、もしVIOラインに毛が密集していたらどうでしょうか。毛にからまって拭く事が大変ですよね。それにキレイにふき取れずに残ってしまうことがあるのです。

もし脱毛して適度に毛の量を調節できていたら介護する方の負担も減りますし、何より衛生的な状態をキープできます。そのためVIOゾーンは1本残らずツルツルにするハイジニーナも人気。これなら日常生活を快適に衛生的に送れますよね。

「脇脱毛」

デリケートゾーンのりも優先度合いは下がりますが、やはり女性としてはワキ毛が生えている状態を放置しておくわけにはいきません。カラダをタオルで拭くたびに腋毛があっては見た目はもちろんニオイも心配です。

 

「余計な手間をかけたくない」

そんな気持ちから始まった介護脱毛は人への優しさがこめられているのですね。

ちなみに40代女性が急いで脱毛するのには理由があります。

それは白髪問題です。

一般的にサロンやクリニックで使用される脱毛マシンは黒いメラニン色素に光を反応させて脱毛します。つまり、効果があるのは黒い毛だけ。

30代後半からチラホラあらわれる白髪には効果が期待できないからです。どんどん増えていく白髪。1本でも黒い毛が多いタイミングで脱毛するのが40代女性が脱毛を急ぐ理由なんです。

とは言え、数本残ってしまった白髪は多少料金がかさみますがニードル脱毛で1本ずつ処理できるので問題ありません。

 

 

介護脱毛の口コミ

40代半ばですが、VIO全部脱毛してます。泳ぐのが好きなので水着対策なのと、将来の介護のためにツルツルにしてます。生理中の煩わしさがなくなり、快適です。まわりでも、ツルツルな方もいますし、Vだけ形を整えて脱毛されてる方もいます。

私の母は50代ですが、VIO脱毛しています。元々私が通っていた千葉中央美容形成クリニックの医療脱毛で脱毛の良さを母に話していたら、私もやりたいと言うことになってやっていましたよ。なので、年齢に関係なくVIO脱毛もしている人は多いですよ。母の脱毛の直接の理由などは聞いていませんが、介護が理由で脱毛をする人は増えているそうです。私もネットの情報で知りました。
VIOの脱毛をすることで、スッキリと見えますが何よりも蒸れたりせず、清潔でいられることができるし肌への負担がない気がしています。
メリットの方が多いかと思うので、脱毛されることおすすめします。

参照:ヤフー知恵袋

 

 介護の負担は想像以上

20代の元気な今だと、寝たきりになった自分を想像するのは難しいかもしれません。ですが、60代・70代・80代。年齢とともに体力が衰え、小さな転倒で骨折すると介護が必要な寝たきり生活を余儀なくされます。ちょっとした動作も不自由となり排泄や入浴の世話もヘルパーさんにお願いすることになります。

介護する側にとってもされる側にとっても一番の負担になるのは「排泄介護」ではないでしょうか。寝たきりなので当然、おむつの中は排泄物が溜まってしまいます。アンダーヘアがお手入れされていないと、きれいにふき取ることも難しいでしょう。排泄物が残っていた場合はニオイやムレだけではなく感染症のリスクも高めてしまいます。

たかが排泄物の拭き残しではありません。そこから感染症を引き起こし、重大な病に陥ってしまうケースも。

そうなると家族への負担はどんどん大きくなってしまうのです。

 

「介護脱毛」それは優しさ

脇やVIOの脱毛が完了していると排泄や入浴がとてもスムーズになります。キレイに処理されたアンダーなら排泄物がムダ毛にからまることもありません。

介護される側としては負担をかけずに済むので「気持ちが楽」になりますし、介護する側も「お世話が楽」になりますし、介護脱毛は双方にとって大きなメリットがあるんです。

介護脱毛は人を想うやさしい脱毛と言えそうですね。

 

若いうちに脱毛しよう

先ほどありましたが、一般的にエステ脱毛もクリニックの医療レーザー脱毛もムダ毛の黒いメラニンに光を反応させて脱毛するため白髪や金髪には効果を発揮しません。つまり40代50代、白髪が増えてきてから脱毛しようとしても遅いのです。

10年前に比べて今はクリニックの医療脱毛も気軽に通えるようになりました。

高齢化社会を最後まで生き抜くためにも今、脱毛を始めてみませんか。

 

 

-脱毛知識

Copyright© 全身脱毛の値段が安いのはどこ? , 2020 All Rights Reserved.

\まとめて比べてわかりやすい/