毛周期って何?

投稿日:

 

あなたがもし、お金や時間を無駄にせず脱毛したいなら毛周期を知っておかないと大変なことになるかもしれません!

効果的な脱毛には毛周期を守ったスケジュール管理が欠かせません。というのも、サロンでの脱毛を効果的に行うには光を照射するムダ毛が成長している毛でないといけないからです。

実は肌表面に出ている毛は全体の3割ほどでしかなく、その他の毛は肌の内側で成長を待っている状態など見えていないからです。だから1度光を当ててもすべての毛に効果を発揮できません。

毛周期には①成長期(初期)②成長期③退行期④休止期あり、次にムダ毛が生えてくるタイミングを見計らって施術を行うことで効果的な脱毛が行えます。

「サロンでの脱毛は2・3ヶ月おきに通うのが鉄則」という話を聞いたことはありませんか?

これは毛周期が関係していたんですね。毛周期のサイクルには4つあり、一般的なフラッシュ脱毛が抑毛効果を発揮できるのは成長期の毛だけなんです。

①成長途中の毛(成長初期)
②絶好調に生えている毛(成長期)
③肌の中で成長を待っている毛(休止期)
④そろそろ抜けそうな毛(退行期)

だから、脱毛サロンでは1度照射した後、毛の生え変わる毛周期にあわせて2ヶ月~3ヶ月おきに脱毛するようにアドバイスされます。効果を十分に期待するためにもプロのアドバイスをしっかり聞きましょう。

ただ、体毛は部位によって毛周期が異なることを覚えておくと脱毛効果の違いにがっかりせずにすむかもしれません。

「全身脱毛したのに脇とVIOだけまだ残っている」という話を良く聞きます。これは異なる毛周期が原因です。

毛周期の寿命は太もも・ひざ下・腕・ひじ下・手の甲が約6カ月~1年6カ月に対して、脇・VIOは約1年~2年6カ月。

つまり全身を同じタイミングで同じ回数施術をしても効果にばらつきが出てしまうのです。

早くツルスベになりたいからといって同じパーツを短い間隔で施術しても効果は半減するのでおすすめできませんし、逆にそれ以上期間をあけて施術するのも効果という点ではNG。毛周期に合わせて通えた人と、そうでない人とでは脱毛効果に差が出てしまいます。

少ない回数(安い料金)で効果を上げるならスケジュール管理は絶対に必要!だから脱毛ラボのような予約が取れやすいサロンを選ぶことも大切なんですね。

「でも脱毛ラボは最短2週間おきに通えるっておかしくない?」

毛周期を考えると脱毛ラボの2週間おきの来店は効果が少なくなると考えるのが自然です。

しかし、脱毛ラボの脱毛法は一般的なIPL法と異なるSSC法を採用することで、従来の成長期の毛にしか効果がなかった脱毛法とは異なり、毛の元となる細胞にまでアタックできるため毛周期を無視した施術が可能になったんです。

だから早く脱毛を完了させたい人に脱毛ラボはおすすめなんですよね。

-脱毛知識

Copyright© 全身脱毛の値段が安いのはどこ? , 2020 All Rights Reserved.

\まとめて比べてわかりやすい/