ピルを飲んでても脱毛できるの?

投稿日:

安全性も向上し身近な存在になってきた低用量ピル。避妊効果だけでなく、「月経困難症(月経痛)の軽減」や「子宮内膜症の治療効果」さらには「にきびの改善」「多毛症の改善」のために使用している方も多いですよね。

しかし、脱毛サロンでは薬の服用は施術を断られてしまう理由のひとつで、通常、薬の服用前後1週間は脱毛できません。

ピルは毎日飲むのが基本なのに・・。

やっぱりピルを飲んでいると脱毛できないのでしょうか。

結論から言うと、ピルを飲んでいても脱毛OK。ちょっとひと安心。ただ、サロンによっては対応が異なるみたいなので、いくつかのサロンに直接問い合わせてみました。

脱毛ラボ
低用量ピルについては、種類によって服用した状態で施術を受けていただくことが可能。カウンセリングで相談してみましょう。

ミュゼ
処方薬を服用されている場合は医師または薬剤師の確認が必要です。ですが同意書が必要なわけではなく、カウンセリングの際に口頭で伝えるだけでOKです。

シースリー
低用量ピルなら施術が可能。低用量ピル以外のホルモン剤などを服用している場合は、かかりつけのお医者様に一度ご相談いただく必要あり。

銀座カラー
低用量ピルなら施術が可能。

 

そもそもなぜ断られることがあるのでしょうか。

ホルモンバランスの変化で脱毛効果が低下する
ピルは女性ホルモンを優位にすることでホルモンバランスを整えます。通常、男性ホルモンが多ければムダ毛は増加し、逆に少なくなればムダ毛が少なくなります。ピルを飲むことでムダ毛が抑えられている可能性を否定できません。施術を受けている期間にムダ毛が減っているのは脱毛施術のおかげなのが、ピルの影響なのか判断が難しくなってしまうことが考えられます。

シミや色素沈着を起こす危険がある
ピルの副作用にシミや色素沈着があるのは知ってると思います。確率的には0.1%から0.3%くらいと言われているのでそれほど気にする必要はありませんが、リスクがあることを知っておいたほうがいいでしょう。さらに脱毛の光でほんの少しリスクが高まります。その場合は脱毛を一旦中止すればほとんどの場合自然と改善するので心配ありません。

 

結論:低用量ならピルOK

低用量ピルは副作用も少ないため、ほとんどのサロンで脱毛可能です。今ではピルが脱毛に与える影響が少ないことがわかってきたので、同意書が求められることはまずありません。

「先生に聞いたらOKって言ってました~」でも良いんですよね。

ただ、薬の服用に関してはカウンセリングで質問されるので正直に答えてくださいね。

-脱毛知識

Copyright© 全身脱毛の値段が安いのはどこ? , 2020 All Rights Reserved.

料金の安い医療脱毛